So-net無料ブログ作成
●最上位目次●健康全般 ●自動車全般

Spark-Renault SRT_01E Formula E(フォーミュラE) とうとうモーター駆動のフォーミュラーカー発進です。 ダラーラシャーシをルノーがコーディネイトd。2年間で10戦。現在10チーム予定の4チームまで決定。1レース3スティント(一人のドライバーが2台のレースカーを一試合で使用) [モータースポーツ]

関連記事を見やすくするため、目次を用意しました。
枠で囲った モータースポーツ を押すと関連記事の目次を開くことが出来ます。
目次から各記事を開くことが出来ます。ぜひお立ち寄りください。

目次 モータースポーツ

フランクフルトモーターショウで展示されたマシンです。
スパーク・ルノー SRT_01E Formula Eです。
来年から2年で10戦FIAが開催する予定のモーター駆動によるフォーミュラーレース(Fomula E)用のマシンです。最初はワンメイク的にこのマシンが供給され、随時各チームが独自のマシンを投入するそうです。

Spark-Renault SRT_01E front left view 620.jpg

[1]外観
見た目はほぼF1やIndy Carのようなタイヤがオープンになっている、純粋レーシングカー。
違いは、フロントもリアも空気抵抗を下げるためにカバーが付いている点。
最高速をより高めるための工夫なのでしょうか。

[2]シャシー
このモノコックシャシーはIndy Car にシャシーを供給しているダラーラ製です。
因みにダラーラ製のIndy Carは下の通りエアロパーツで後輪部分を覆っているのが特徴的です。ここのところはFormula Eと同じ。ですが、前輪部分はオープンですね。

Formula Eの材質はフルカーボンではなくアルミも使用しているようです。
モーター及びギアボックスはマクラーレンエレクトロニクス、BMS(バッテリー・マネージメント・システム)はウイリアム・アドバンス・エンジニアリングが担当しています。
そしてタイヤはミシュラン。
それらを総合的に最適化しFormula Eとして作り上げるのがルノーです。

車体仕様
全長 5000 mm
全幅 1800 mm
全高 1250 mm
重量  800 kg(ドライバー含) 200 kgのバッテリー

Spark-Renault SRT_01E front side view 200.jpgSpark-Renault SRT_01E cockpit view 200.jpgSpark-Renault SRT_01E rear wing view 200.jpg

Spark-Renault SRT_01E front view 300.jpgSpark-Renault SRT_01E rear view 300.jpg

[3]性能
1)出力の説明
200kW(270hp)はマックスパワーで予選時にはフル活用。。
レース中は133kW(180hp)で、残りの67kWはpush to pass 時のみの限定使用。

2)タイヤ

18inchであること、リム系がフロント、リアが260 mm / 305 mmであること、外径がフロント、リアが650 mm / 690 mmであること。
ということは、幅が18インチ(45cm)と考えて佳いでしょうか。
写真で見て分かるように、溝が切られた全天候型タイヤを採用しています。結構滑りそう。
まずはミシュランからの提供です。

3)最高速と加速は下記の通り。

0-100km/h   3 sec
最高速    225 km/h

最高速度は現在のレースカーとしては遅いですが、レースというものは最高速だけが楽しみではないと思っています。タイヤもおもしろさを演出しそうな仕様ですから期待できそうです。
車速にあったコースがあればそれで十分はらはらどきどきするレース展開が期待できると思います。

[4]レース内容
FIAのホームページにある情報を信じるなら、レースは一日で完結するようです。
1日3スティント 各ドライバー2台までのレースカーを一日で使用。
1)早朝
 練習走行
2)午前中
 2台のレースカーを必ず使用した1周ずつの予選。
  1レースにレースカーを2台使用するようです。
3)午後
 バッテリーチャージのための休憩
4)夕方
 最終レース
 3スティント、2ピットストップ
 ピットストップで1回目は充電済みの2台目に乗り換え、2回目は1台目を再充電しておいてそれに乗り換えます。
 ピットストップで「マシン交換するために100m走る」という記述があるのですが本当にドライバーが走るのかよく分かりません。
 このレースの難しさは2台のマシンの調整を以下に合わせられるかです。マシンの個体差がどうしても生じるため、数値的に同じ設定をしても全く同じ挙動を示すかどうかは保証の限りではないからです。


また、レース規模は下記の通り。
10チーム、ドライバー20人を予定しています。

今日はここまでとします。次回参加チームや開催地について記事にします。

Spark-Renault SRT_01E left rear view 620.jpg


来たよ(66)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

来たよ 66

コメント 6

YUTAじい

おはようございます。
先述しましたが・・・本当に車選び難しくなりましたね。
素晴らしい作品の数々・・・感動しました。
by YUTAじい (2013-10-16 07:06) 

momiji

進化してるんですね。
プラモデルの未来カーのようです(^^;)
by momiji (2013-10-16 13:17) 

楽しく生きよう

YUTAじいさん
 自ら人がまねできない物を作り体現するというのはすばらしいですね。

by 楽しく生きよう (2013-10-16 22:48) 

楽しく生きよう

momiji さん
 こういうおもちゃ的な物が将来の技術の塊なんですよ。
by 楽しく生きよう (2013-10-16 23:00) 

EllAllelf

Il Viagra Serve Isotretinoin Order Internet No Physician Approval Vendita Viagra Generico In Europa <a href=http://tadalaffbuy.com>cialis canada</a> Risistance To Amoxicillin Zithromax Dosage Elderly
by EllAllelf (2018-05-30 22:19) 

MatPlusty

Citalapram 10mg For Sale Buy Alli Online Canada <a href=http://bmamasstransit.com>buy cialis</a> Keflex Infant Nursing Levitra Viagra Equivalent Dose
by MatPlusty (2019-06-11 07:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。