So-net無料ブログ作成
●最上位目次●健康全般 ●自動車全般

F-111C Australian AirForce AVALON 2009の紹介 トーチング有り [航空機]

 

関連記事を見やすくするため、目次を用意しました。
枠で囲った 航空機 を押すと関連記事の目次を開くことが出来ます。
目次から各記事を開くことが出来ます。ぜひお立ち寄りください。

目次 航空機

2/11に【プラモデル作り 昔飛行機】で紹介した、F-111 アードバーグ(アリクイ)を最後まで運行していたオーストラリア軍のデモ飛行をとらえた映像です。

F-111C Aardvark australia 640.jpg

1964年に初飛行をして以来、本国のアメリカでは早々と2000年を迎えることなく退役しましたが、オーストラリア軍でも2010年にその役目を終えて、現在はその姿を見ることが出来ません。

これだけ長く使用するために、オーストラリア軍では途中全ての機体のオーバーホールと補強を行っています。今では、FA18F-111の代わりとしてオーストラリア軍に納入され運用されています

この映像は、2009年の物ですから貴重ですね。

オーストラリア軍で採用されていたのはF-111Cと呼ばれています。これは、初代F-111Aの機体にF-111Bの少し長い主翼を取り付けた物です

映像の後半で、尾端から火を噴くシーンがありますが、これはこの飛行機の特徴の一つで、燃料を空中投棄するバルブが2つあるエンジンの吹き出し口の間にあります。

そのため、燃料を吹き出すとアフターバーナーの炎により引火して派手なパフォーマンス(トーチング)となるわけです。他の飛行機にはない物で、この飛行機の展示飛行ではよく見られる物です。


来たよ(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

来たよ 0

コメント 1

EllAllelf

Cheap Fertility Drugs Online Viagra Pour Diabetique <a href=http://cialislis.com>canadian cialis</a> Estreva Gel Kaufen Vous Peut Durer Plus Longtemps
by EllAllelf (2019-06-02 20:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。